家計管理

【家族4人暮らしの家計簿】毎月の支出 約25万円 全国平均と比較して我が家の強みは?

 

ミニマルンです。

他人の家計事情って聞きにくいけど、気になる時ってありませんか?

みんな何にどのくらい使っているのだろう?』
貯金額ってどのくらいあるのだろう?』などなど

今回は、4人家族の全国平均的な月の支出額と
我が家のお金事情㊙︎
を紹介します。

我が家は支出を意識して家計を改善し、現在では年間100万円以上のお金を貯金に回すことが可能になりました。

今回は、日本の平均支出額も掲載しているのでご自身の家庭の改善点を洗い出し、自己資産を増やしていきましょう!

この記事はこんな記事

  • 4人家族の平均的な支出が分かる
  • 我が家の家計事情が分かる
  • 自身の改善点/改善策が見つかる

 

我が家のプロフィール

初めに我が家の簡単なプロフィールを紹介します。

我が家の情報

  • 家族構成
    4人家族【夫、妻、未就学児2人】
  • 目的
    サイドFIREを達成する
  • 目標
    4000万円の投資信託保有
  • 直近の目標
    総資産1000万円
  • 持ち家:あり
    住宅ローンあり
  • 地方在住

  • 車:1台

  • 妻:パート

  • 夫:サラリーマン

  • 子供:保育園

  • 家計管理:夫婦協力して実践

  • 夫婦:元浪費家

  • 元マキシマリスト

 

4人家族の平均生活費は?

日本の家庭の平均的な支出を調査しました。

総務省統計局が公表する「家計調査(家計収支編)令和2年(2020年)」をもとに4人家族の平均生活費を見ていきましょう。

全国の平均は31万円/月

4人家族の平均生活費は以下のとおりです。
月々の平均は約31万円という結果です。

項目 月の平均費用
住居費 約15,000円
飲食費 約87,000円
水道光熱費 約23,000円
通信費 約17,000円
保険、医療費 約12,000円
交通費 約30,000円
教育費 約26,000円
娯楽費 約29,000円
日用品 約14,000円
被服費 約12,000円
その他(小遣い,交際費,仕送りなど) 約48,000円
合計 315,000円

 

我が家と全国平均の比較

次に我が家の基本生活費を横並びにし、全国平均と比較してみました。

我が家 全国平均 差額
¥249,500 ¥315,000 ¥65,500

我が家の支出額の方が65,500円少ない結果となりました。

比較表 我が家は6.5万円節約!?

比較した表は下記になります。

我が家は、住居費以外は低い金額となっています👍
ご自身の家計と比較してどうでしょうか?

項目 我が家 月の平均費用 差分
住居費 82,000円 約15,000円 +67,000円
飲食費 55,000円 約87,000円 −32,000円
水道光熱費 15,000円 約23,000円 −8000円
通信費 7,500円 約17,000円 −9,500円
保険、医療費 5,000円 約12,000円 −7,000円
交通費 12,000円 約30,000円 −18,000円
教育費 25,500円 約26,000円 −500円
娯楽費 20,000円 約29,000円 −9,000円
日用品 5,000円 約14,000円 −9,000円
被服費 0円 約12,000円 −12,000円
その他(小遣い,交際費,仕送りなど) 22,500円 約48,000円 −25,500円
合計 249,500円  315,000円 −65,500円

 

我が家の家計の強み

 

全国平均と比較して何が支出削減に効いているのか確認していきます。

 

関連記事

★我が家の節約11選
準備中〜記事の更新をお待ちください

飲食費【買い物の方法を工夫】

32,000円 勝利

勝利した要因
・子供が小さい
・買い物の方法

買い物の方法=我が家では1週間分の食料を、毎週日曜日に買いに行くと決めています。

理由は2つ
①15%OFFのクーポンが使える
②余計なものを買うことを減らせる

 

①15%OFFのクーポンが使える日に買い物に行く

我が家が利用しているスーパーでは、毎週日曜日にイベントを実施していてお会計金額が合計の15%OFFになります!

そのため我が家では毎週日曜日に買い物に行っています。
15%ってかなり大きいですよね!

 

②余分なものを買う機会を減らす

1回/週の買い物は余分なものを買わなくなります。
なぜなら、買い物の頻度を少なくすることで本来必要のない贅沢品(お菓子など)を買うことを予防できるからです。

コンビニに高い頻度で行っている人は心当たりがあるのではないでしょうか?
食べ物や飲み物の新商品が出ているとつい買ってしまう・・・
以前の私です・・・

そんな誘惑を回避する手段として、我が家では買い物の回数を減らすことにしています。

通信費 【格安SIM】

9,500円 勝利

我が家は合計2台の携帯を所持しています。
2つとも格安SIMをデュアルSIMにて使用。

格安SIMにしている理由は、シンプルに安いためです。

  月々の支払い キャリア
1,265円 mineo+楽天モバイル
1,265円 mineo+楽天モバイル

大手キャリアだと1台あたり3000〜7000円/月。
格安SIMならおよそ2分1〜5分1安い金額にですみます。

★デュアルSIMについての説明、やり方や設定方法はこちらを確認してください!

保健医療費

7,000円 勝利

我が家は保険は会社の団体保険(掛け捨て)にのみ加入しています。
月々4,000円程度で毎年加入者全体で使われなかった金額は年末にキャッシュバックがあるので加入しました。

2021年に入ったばっかりなので様子を見ている状況です。

被服費

12,000円 勝利

被服費は、個人のお小遣いで購入するようにしているため0円となっています。

ただミニマリストに目覚めたためほとんど服は購入していない状況です。

【ミニマリストの持ち物】30代 男 服の数100着➡︎16着に減らした整理術3ステップ

ミニマルンどーも、ミニマルン(@minimalu_n)ですっ 自称ミニマリストである私の服の以下の項目を記事にしました。 『服を減らして良かったこと』 『服一覧』 『整理術』 ミニマリストに目覚めて私が最初に実施したのは服の整理です。 理由 ...

続きを見る

 

我が家の家計詳細

下記にそれぞれの詳細情報を載せています。

ご自身の家計と比較して明らかに高い項目があれば、改善にお役立てください。

 

月々の支出 約25万円

支出合計249,500円


住宅ローン  82,000 持ち家を購入し住宅ローン返済中
月々に慣らした固定資産税込みの金額
飲食費 55,000 ・材料:30,000円
・外食:20,000円
・社食:5,000円
水道光熱費 15,000 ・水道:5000円
・電気10,000円
通信費 7,500 ・携帯:夫婦2人分 2,200円
・ネット:楽天ひかり 5,200円
保険/医療費 5,000 病院積立 5,000円
定期的に病院に行っているため
交通費 12,000 車1台分のガソリン代
教育費 25,500 子供2人の保育園費用
娯楽費 20,000 1回/年の旅行費用の積立 10,000円
クリスマスなどのイベント用の積立 10,000円
日用品 5,000 主に楽天市場で購入
被服費 0 お小遣いの中でやりくりしているため0円
その他 10,000 お小遣い  
夫婦2人:各5000円(交際費は都度支給)
2,500 〈サブスク〉
・アマゾンプライム: 500円
・icloudのストレージ: 1,000円
・Kindle :1,000円
5,000 美容積立
夫婦の美容室代、妻のコスメ等に積立
5,000 車関係積立
車検、車税、突発の修理費用に積立
合計 249,500  

 

毎月の貯金額 10万円以上

我が家の毎月の貯金額です。
サイドFIREを目指しているため更に収入を伸ばし投資信託に回していきたいと考えています。
今は収益がありませんが、ブログの収益を得て収入UPに繋げたいと考えています。

合計103,333円+α

項目 金額 備考
つみたてNISA 66,666 夫婦2人分 年間上限満額を積立実施
投資信託 16,667 特定口座で積立実施
現金貯金 10,000+α 給料で余った分を現金貯金としている
財形年金 5,000 銀行の財形年金に積立(将来はiDeCoに変更予定)
5,000 自社株を購入

 

【実現可能】目指せ総資産1,000万円〜準備編〜貯金の目的と目標を設定する

どーもっ、ミニマルンです🐸 私は、人生を豊かにするための手段として『お金も』必要不可欠なものだと思っています。 そのため日頃から倹約に励んでいます。 今回は、貯金の第一歩、目標の設定を明確化にしていきます。 こんな記事です 貯金に対しての意 ...

続きを見る

 

まとめ

貯金は、生活の中で少しだけ意識を変えることで大きく変わることを実感しています。

今このことに気付くことができて良かったと思っています。

みなさんも僕と一緒に老後に余裕のある生活を目指してまずは貯金に励みましょう!

-家計管理